Nozomi Ikeya : 池谷のぞみ

■私の研究紹介

知識や情報の問題を, 「活動における知識」に焦点をあてて研究しています。活動においてどんな知識が使われるのかだけでなく, その知識を創り出したり, ある形に加工したりして, 知識を利用可能にする活動についても焦点を当てます。そのためには, しばしば人々の活動を理解するためにエスノグラフィ的フィールドワークを行います。たとえば病院や図書館などの組織での種々の仕事やサービスの提供やサービスの利用における知識の問題を対象にすることで組織学習やコミュニケーション, サービス・デザイン, また活動で使うテクノロジーのデザインなどの考察にもつなげていくことにも挑戦しています。

慶應義塾大学文学研究科での紹介ページはこちら

http://www.gsl.keio.ac.jp/research/spotlight/1/index.html

 

■主な著作・論文

  • “生活世界と情報”『情報探索と情報利用』勁草書房, 2000.
  • Practical management of mobility : the case of the emergency medical system. Environment and Planning A, 2003, Vol.35, p.1547-1564.
  • “2節ワークの研究3章エスノメソドロジーの方法””13章病院組織のフィールドワーク”『実践エスノメソドロジー入門』有斐閣, 2004.
  • “EMにおける実践理解の意味とその先にあるもの”『エスノメソドロジー:人びとの実践』新曜社, 2007.
  • “Doctors’Practical Management of Knowledge in the Daily Case Conference” Orders of Ordinary Action : Respecifying Socilogical Knolwedge, Ashgate,2007(共著).
  • “Why do we need to share information?: Analysis of collaborative task management meetings”Collaborative Information Behavior : User Engagement and Communication Sharing, IGI Global, 2010(共著).
  • 池谷のぞみ.ワークに学習を埋め込む:ワークの研究に基づくOJTの再考.日本教育工学会論文誌. 2011,Vol.35, Supple., p.189-192. (単著)
  • Rooksby, John; Ikeya, N. Collaboration in formative design: working together at a whiteboard. IEEE Software, 2012, Vol.29, No.1, p.56-60. (共著)
  • Ikeya, N.; Luck, R.; Randall, D. Recovering the emergent logic in a software design exercise. Design Studies, 2012, 33, p.611-629.
  • Sakai, S.; Awamura, N.; Ikeya, N. The practical management of information in a task management meeting: taking ‘practice’ seriously. Information Research, Vol.17, No.4, 2012.
  • 池谷のぞみ, 実践的構成物としてのビジネス支援サービス──サービスを理解することの方法的意義. 池谷のぞみ・安形麻理・須賀千絵編『図書館は市民と本・情報をむすぶ』勁草書房,2015, p.1-11.
  • Kashimura, K.; Hara, Y.; Ikeya, N.; Randall, D. Patterns of Work: A Pragmatic Approach. Designing Socially Embedded Technologies in the Real-World, Wulf, Volker; Schmidt, Kjeld; Randall, D. eds., Springer. 2015, p.35-62.
  • ワークとしての情報行動:ミーティングにおける情報の実践的マネジメント.『ワークプレース・スタディーズ:はたらくことのエスノメソドロジー』ハーベスト社, 2017, p.121-138.

■所属学会・団体

三田図書館・情報学会,日本図書館情報学会,日本社会学会, American Sociological Association, 日本保健医療社会学会

広告

“Nozomi Ikeya : 池谷のぞみ” への 1 件のフィードバック

  1. お久しぶりです。ご相談したいことがございますので、12/13または19に貴学まで伺わせてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中